SNSフォローボタン
A-TABlogをフォローする

車輪の再開発から学ぶこと|世の中関数の組み合わせ

Going-MyWay新時代

車輪の再開発から学ぶこと|無駄な行為は無駄な時間

車輪は世紀の大発明

車輪(しゃりん) とは、軸にとりつけた円形(の外周)の部品のこと。
小さな力で物を移動させるために用いられる。

車輪は最古の最重要な発明とされており、その起源は古代メソポタミアで紀元前5千年紀(ウバイド期)にさかのぼり、元々は轆轤(ろくろ)として使われていた。その北方のカフカースでは洞窟がいくつか発見されており、そこに紀元前3700年ごろから、荷車などが使われていた痕跡が見つかっている。これはクラ・アラクセス文化(英語版)(紀元前3400-2000ごろ)の草創期にあたる。車輪のある乗り物(ここでは四輪で軸が2つあるもの)と思われる最古の絵は、ポーランド南部で出土した紀元前3500年ごろのものと思われる Bronocice pot に描かれたものである。

引用文                 Wheel

https://ja.wikipedia.org/wiki/車輪

 

 

 

 

 

車輪を再開発するという事

車輪の再発明(しゃりんのさいはつめい、英: reinventing the wheel)は、車輪を題材にした慣用句であり、世界中で使われている。「広く受け入れられ確立されている技術や解決法を知らずに(または意図的に無視して)、同様のものを再び一から作ること」を意味する。

要するに答えが有るものを1から考えたり、ある技術をあえて作ることは時間とお金の無駄である。

長い歴史の中今の現実を受け止め新たな技術を取り込むことは時間とお金を無駄にせず『財産』となる。世界的に広く使われる代名詞であるが、韻を踏むという事に類似する。『歴史は韻を踏む』

車輪の開発をタイムテーブルに置き換えると歴史もまた答えが出ている事は他でもない。


歴史から学ぶライフハック|無駄な時間と労力

歴史を振り返りよく考えることで、人生の無駄を省き幸福thinking-PIK
感を増す事が出来る。この車輪を言う物を広く置き換える
事で人生の正しい道が見えてくる。
特に分かりやすい事柄が『プラグイン』であろうか?
わずか15年前まではhtml言語を駆使してホームページを
制作していた。今はPHPなどの時代となり更に

プラグインの組み合わせ→テンプレート内で全て出来てし
まう。便利な時代となった!

理論や法則も同じことである。

 

世の中関数の組み合わせ|どれだけ関数を知るかがポイント

関数という概念

関数という概念
(X + Y = Z) XとYにどんな数字を入れても personal computer
Z(答えが出る) 
これをプラグインAとする。

プラグインAに 10(X)と5(Y)をインプットすると
15(Z)とアウトプットする。
コンピュータプログラムの基礎中の基礎概論だ。



これを会社の組織理論に置き換えてみる!様々なコンサルタント会社が『業績を上げるには』とか
『効率の良い組織作りとは』などなど、○○の習慣なんて7つの関数と置き換えることができる。
生き方や考え方も同じで正しい生き方とは?だとか○○な時の○○の習慣なんて星の数ほどある。
大切なことは自分自身に一番合った関数(理論)は何かという事が大切である。

現代で学ぶ

現代は学びの環境が非常に良い、500年前は物知りおじいさんや物知りおばあさんにレクチャー
を受ける事が主であった。

<この辺の時代は先人の知恵を後世に伝える>火のおこしかたなんか・・・
旧石器時代→縄文時代→弥生時代→古墳時代→飛鳥時代→奈良時代→平安時代

<この辺から紙と書と言う物ができる>書物が残るが製本としてはない
鎌倉→室町→安土桃山時代→江戸→明治

<この辺から映像が有ったりする>情報の主は本となる
大正→昭和→平成→????

現代はパソコンという情報網とデジタルという記憶媒体で瞬時に全てがわかる時代となった!

そして圧倒的な情報を関数としてどの様に駆使するか? ポイントである?

情報のリテラシー 知らなければ人生大きな損をリテラシーとは?

元々は「書き言葉を、作法にかなったやりかたで、読んだり書いたりできる能力」を指していた用語。
英語では、ラテン語の literatus(教育を受けて字を知っている者)から派生した literate の名詞形 literacy を用いる[1]。ドイツ語・フランス語などでは、アルファベット (alphabet) から派生した Alphabetisierunging、Alphabétisation などを用いる。
その後この用語は、様々に類推的・拡張的に用いられるようになり、一般的には「なんらかの分野で用いられている記述体系を理解し、整理し、活用する能力」を呼ぶようにもなっている(例:「会計リテラシー」など)。そしてまた、「書かれた(印刷された)言語に限らず、様々な言語、コミュニケーションの媒体(例えば、ボディランゲージ、画像、映像 等まで含む)を適切に読み取り、適切に分析し、適切にその媒体で記述・表現できること」などを指すようになってきている。また「情報がある形で提示されるに至った経緯や、発信者が隠そうとしている意図や目的まで批判的に見抜く能力」まで指すようになってきている。このように、現代には様々な新しいリテラシーがある、と考えられるようになっているのである。 →#現代的なリテラシー
20世紀に放送メディアが発達し、人々はそれらの影響を大きく受けるようになったが、そうしたメディアで情報操作や世論操作が行われ、様々な問題が生じることが増えるにつれメディア・リテラシーの重要性が説かれるようになった。一段高い視点から、「送り手の悪しき意図を見抜き、流されている情報をそのまま鵜呑みにせず、その悪影響を回避する能力」まで指すようになっている。近年では、社会の情報化が進み(情報化社会)、人々は多様で大量の情報が流れ、人々は良くも悪くもそれに影響を受けることが多いため、「情報リテラシー」の重要性は指摘されている。 引用 wikipedia

社会の様々な情報をリテラシーすることは人生にとって常陽な事である。

 

まとめ これからの時代に必要な事とは?

自分自身の整理

自分自身の整理のためにここに書き綴った。プラグインの考え方やリテラシーについてYOUTUBEを見れば星の数ほど出てくる。特にホリエモンのマトリックスの話や寿司屋の修行については正論であり共感できる。

これから必要なスキルとは?

車輪理論から来る考え方とプラグインという考え方をそれぞれ関数とし様々な情報を取得。どんな情報を必要とするか?リテラシーする事が非常に重要であることは間違いない。人生の生き方や会社における日本での労働条件を考えると考えなければ成らない事がたくさん出てくる。
 
①ぐぐる 何でもぐぐる
②必要情報をとりまくる
③自分がやりたいことは先人の誰かが必ずやっている(参考にする)
④リテラシーする。
⑤パッケージを探す。

execute-since2019

様々書き綴ったが、総じて取りまとめググりまくってみると一つのキーワードにたどり着いた!

『個人の収益化』

以下にリスペクトのあった内容を明記する。

ホリエモン  → 『新橋のゾンビたち』朝の通勤でサラリーマンの疲弊している姿
イケハヤ士  → 『まだ東京で消耗しているの?』
まなぶ氏   → 『会社員を辞めることは収益青天井』

そして落合陽一氏全て  直ぐに会社をやめよう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました